東京・ミニシアター生活

主に都内のミニシアターで上映される新作映画の紹介をしています。

〔AD〕

【5/18公開】『マルリナの明日』理不尽な暴力には屈服しない! 闘う女性の”ナシゴレン・ウエスタン”

f:id:kappa7haruhi:20190506171815j:plain

主演、監督とも女性という、女性が牽引するインドネシア西部劇が誕生。屈強な男たちを相手に、正義と”自分の明日”をかけて剣ナタを振るう、美しい未亡人マルリナの孤高の闘いを描く。すっきりと美しいインドネシアの島の大自然、手加減なしのバイオレンス、詩的で哀愁を帯びた映像が心に残る。異色作でありつつ、グッと魂を引き込まれる話題作。

2019年5月18日(土)渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

暴力に抗い、男尊女卑の社会にも挑む、未亡人のヒロイン

f:id:kappa7haruhi:20190516221319j:plain
夫と子を亡くした美しい女性マルリナ。それがこの僻村の風習なのだろう、ミイラ化した夫とひっそり暮らしていた。そんな中、マルクスという男がやってくる。突然バイクで乗り付け「お前の財産を全部いただく」と宣言してくる。女一人住まいであることにつけ込まれたのだろう…こうして理不尽な仕打ちが、マルリナにのしかかる。

やがてマルクスの仲間である男たちがゾロゾロと集まってきて、いよいよ家を乗っ取られてしまい、男たちに「料理を作れ」とまで命じられるマルリナ。しかしそれが反撃のチャンスだった。暴行を受けながらも必死に策を立て、マルリナはたった一人で強盗団の男たちを倒し、ついに首領の首を刎ねてしまうのだ。

ほとんど取り乱すことなく、静かな怒りをたぎらせ、ここぞというところで大胆に行動するマルリナは、まさにマカロニウエスタンのヒーローのよう。端正な顔立ち、クールな表情に惹きつけられる。

演じるマーシャ・ティモシーは本作の監督・モーリー・スリヤとは現場で旧知の仲だという。「悲劇的なキャラクターのオーラを放つ、知的で成熟した女優」という評価で、マルリナ役に決まった。本人もマルリナ役を熱望したそうだ。

インドネシアでも独特なスンバ島で撮影

f:id:kappa7haruhi:20190516221418j:plain
マカロニ・ウエスタンならぬ、ナシゴレン・ウエスタンの雰囲気を醸し出すロケーションは、インドネシアでも独特な文化をもつ「スンバ島」という土地。草木が生い茂りつつ、大気とともに乾燥しているので、まるでアメリカ・テキサスの荒野みたいな印象を与える。

スンバ島の村では、なぜか人々が武器としてとしてサーベルを持ち歩いているそうだ。人々の暮らしは質素だが、その一方で、携帯電話という近代的なアイテムも使われているようで、作品にも出てくる。そのアンバランス感が面白い。

美しい自然に囲まれ、古い文化や信仰が守られているスンバ島には、インドネシア人でも一部の人だけが使っている、島独自の言語・スンバ語が存在する。その耳慣れないスンバ語で歌われる劇中歌の歌声が、異国の香りが立ちのぼるようで魅惑的だ。

また劇中で強盗団の男が手にして弄ぶ2弦の民族楽器の音色も、男が首を刎ねられたあとには哀愁を帯びて耳に響いてくる。

ミイラ、斬首、そして死んだはずの男…哀愁を帯びたダークな描写

f:id:kappa7haruhi:20190516221602j:plain

「タランティーノを超えた新スタイル」とうたわれている本作だが、たしかに常におどろおどろしいものが画面に映っている。まずのっけから夫のミイラがあり、そのまま部屋に鎮座し続ける(ちなみに生身の人間が演じているそうだ)。

やがてマルリナは、自分の正当性を訴えるための旅に出るのだが、その旅路では、自分が刎ねた強盗団の首領の首を常に腕に抱えている。さらに血みどろの戦いはその後も続く。しかしこれらの描写に、なぜか露悪感はなく、静かな物悲しさが感じられる。

旅するマルリナを追いかけてくる幻想的な男の姿も現れる。それは幽霊ではなくマルリナの心の表れだ。自分のやったこと、決断したことは決して消えることなく、常に自分の後をついてくる…少し恐ろしいけれどそれが宿命というものなのだ。

作品ニュース

数量限定、初日プレゼント!

渋谷・ユーロスペースでは、数量限定の初日プレゼントがあるという。インドネシアのグッズ好きなら、ちょっとうれしくなる企画だ。

 

 

オススメしたい『マルリナの明日』

f:id:kappa7haruhi:20190516221448j:plain

  • 暴力、社会、家庭…あらゆる理不尽と闘う女の姿
  • インドネシア・スンバ島の美しい自然
  • 民族楽器やスンバ語の歌…土着の文化
  • 特色あるインドネシアの哀愁伴う映像美
  • 西部劇を思わせるエンタテイメント性

「復讐」「荒野」「哀愁の音楽」とマカロニ・ウエスタンに必須な条件揃えつつ、インドネシアならではの要素をたっぷり入れ込んだ、ナシゴレン・ウエスタン。そして、男尊女卑と闘う、リアルな女性の物語でもある。

『マルリナの明日』作品情報

【あらすじ】
夫と子供を亡くし、荒野の一軒家に住む未亡人マルリナ。突然やってきた7人の強盗団は、マルリナから全てを奪おうとする。たった一人で反撃に出たマルリナは、強盗団の男たちを殺してしまうが、自らの正当性を訴えるため、刎ねた首を抱え警察へ向かう旅に出る。しかし同時に、復讐に燃えた強盗団の残党が、マルリナの後を追い始め…。

監督:モーリー・スリヤ
出演:マーシャ・ティモシー、デア・パネンドラ、エギ・フェドリー、ヨガ・プラタマ
原題 :Marlina the Murderer in Four Acts
配給:パンドラ
予告編:イメージ・フォース
後援:インドネシア共和国大使館
<2017年/インドネシア・フランス・マレーシア・タイ共同作品/インドネシア語/95分>
字幕翻訳:松岡葉子
2019年5月18日(土)渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
© 2017 CINESURYA - KANINGA PICTURES - SHASHA & CO PRODUCTION – ASTRO SHAW ALL RIGHTS RESERVED

marlina-film.com

 〔AD〕

(本ページの情報は2019年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

〔AD〕

(本ページの情報は2019年8月のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

<