東京・ミニシアター生活

主に都内のミニシアターで上映される新作映画の紹介をしています。

〔AD〕動画サイトランキング

【7/12公開】『密輸 1970』生活のため海女集団が密輸に挑む…コメディで味付けした海洋クライム活劇!

『ベテラン』『モガディシュ 脱出までの14日間』のヒットメーカー、リュ・スンワン監督が、1970年代に韓国で密輸犯罪が盛んに行われていたという史実に着想を得た、予測不能な海洋クライム・アクション。

海では海女さん集団の素潜りアクションにサメも登場。陸では男たちの血みどろのバイオレンス。メインキャストのシスターフッドをベースに、密輸と摘発でせめぎ合う男たちとの攻防が描かれ、コメディタッチで味付けした、みごたえ満点の傑作!

2024年7月12日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー

紆余曲折、海辺のコミュニティのシスターフッド

舞台は1970年代半ば、韓国の漁村クンチョン。化学工場による海洋汚染で、海女たちの大事な収入源であるアワビも台無しに。

背に腹は変えられず、生真面目な海女のリーダー・ジンスクも仲間と違法な密輸仕事に足を踏み入れざるを得ない。しかしある日摘発にあい、その際ジンスクは大きなものを失ってしまう。

この大騒ぎの現場から何も告げずに逃げ出した、ワケありの海女チュンジャ。そのためジンスクや海女たちは「摘発はチュンジャの密告では」と疑念を抱く。

それから3年後、ソウルに潜伏していたチュンジャが、大きなヤマを持って突然クンチョンに戻ってくるが……。

物語の中心は海辺のコミュニティの女性たち。特にキム・ヘスとヨム・ジョンア演じるチュンジャとジンスク、海女2人の友情の破綻と再生は物語の核となる。また、海女ゆえ素潜りのシーンも多く、クライマックスではサメも交えた海でのアクションのシーンが待ち構える。

また地元の情報通(海女ではなくカナヅチ)で水商売っ気たっぷりのオップン(コ・ミンシ)も噛んで、男たちの横暴に抵抗する女たちの闘いは、予想外の展開へと流れていく。

欲深い男たちのせめぎ合いと血みどろアクション


一方、男たちはというと、生き残るのは何やら問題ある人物ばかり。流血をいとわない暴力的な密輸王クォン(チョ・インソン)、漁村の小悪党ドリ(パク・ジョンミン)、大物の摘発を狙う税関のジャンチュン。海女たちから搾取しようと欲を深めるにつれ、悪党具合もヒートアップしていく。

金に目が眩んだ男同士のぶつかり合いも凄まじく、集団での血みどろの大乱闘は「陸のアクションシーン」として大きなみどころ。

しかしなんといっても、そんな彼らと渡り合いながらシスターフッドを深めていく女たちの活躍が本作の最大の魅力なのだ。

全編を彩る1970年代のレトロファッションと大衆音楽

1970年代半ばという時代を、音楽やファッションで表しているのも本作の楽しみの1つ。ポップでご陽気で日本の昭和レトロ文化にも通じる印象だ。楽曲はリュ監督自ら選定したという70年代の韓国の大衆歌謡が、字幕付きで楽しめる場面もある。

裏切りやバイオレンス、死に直面したりと、起こる事件は衝撃的ながら、肝の据わった海女さんたちのコメディエンヌぶりに加え、これらレトロでファンキーな音楽の彩りにより、娯楽性豊かな作品に仕上がっている。

作品ニュース

『密輸 1970』を語ろうキャンペーン

感想や期待などの投稿で、作品にまつわる賞品が当たるキャンペーンを実施中。7月末日まで。

オススメしたい『密輸 1970』

  • シスターフッドを中心に据えた犯罪活劇
  • 海女集団やサメが活躍する海洋アクション
  • 男たちによる手加減なしのバイオレンス
  • 娯楽性高める70年代レトロ&コメディ演出

『密輸 1970』作品情報

 【あらすじ】
1970年代半ば、韓国の漁村クンチョン。海が化学工場の廃棄物で汚され、地元の海女さんチームが失職の危機に直面する。リーダーのジンスク(ヨム・ジョンア)は仲間の生活を守るため、海底から密輸品を引き上げる仕事を請け負うことに。ところが作業中に税関の摘発に遭い、ジンスクは刑務所送りとなり、彼女の親友チュンジャ(キム・ヘス)だけが現場から逃亡した。

その2年後、ソウルからクンチョンに舞い戻ってきたチュンジャは、出所したジンスクに新たな密輸のもうけ話を持ちかけるが、ジンスクはチュンジャへの不信感を拭えない。密輸王クォン(チョ・インソン)、チンピラのドリ(パク・ジョンミン)、税関のジャンチュン(キム・ジョンス)の思惑が絡むなか、苦境に陥った海女さんチームは人生の再起を懸けた大勝負に身を投じていくのだった……。

監督:リュ・スンワン(『モガディシュ 脱出までの14日間』『ベテラン』)

出演:キム・ヘス(『国家が破産する日』)、ヨム・ジョンア(『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』)、チョ・インソン、パク・ジョンミン 、キム・ジョンス、コ・ミンシ ほか

原題:밀수
配給:KADOKAWA、KADOKAWA Kプラス
<2023年/韓国/韓国語/129分/カラー/シネマスコープ/5.1ch>

字幕翻訳:根本理恵

2024年7月12日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー

mitsuyu1970.jp

 


© 2023 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

〔AD〕

(最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

〔AD〕

(本ページの情報は2020年6月のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

<