東京・ミニシアター生活

主に都内のミニシアターで上映される新作映画の紹介をしています。

〔AD〕

【12/15公開】『メアリーの総て』フランケンシュタインの怪物は、孤独な彼女の分身

f:id:kappa7haruhi:20181125001807j:plain

小説『フランケンシュタイン』の作者は、18歳の英国人女性だったという事実をご存知だろうか。
『フランケンシュタイン』の著者、メアリー・シェリーは文才だけでなく、壮絶な経験をもって、この小説を書き上げた。本作は、メアリーが怪奇小説を書き上げるまで、そして作品に完成後にも降りかかる、女性ならではの苦労まで描かれている。
メアリーを演じるのは、エル・ファニング。監督は『少女は自転車にのって』のハイファ・アル=マンスール、サウジ出身の女性監督だ。

2018年12月15日(土)シネスイッチ銀座シネマカリテほか全国順次公開

人気女優エル・ファニングの挑戦

f:id:kappa7haruhi:20181203094912j:plain

映画界に愛され、今や引っ張りだこのエル・ファニング。近年は数多くの作品で、主演、あるいは重要な役のオファーを受け、次々とバラエティに富んだ、重要な作品に出演を続けている。
今回は、初めて母になるヒロインに挑戦。数々の哀しみを受け止める深い心情を表現、全編にわたり物語を引っ張って、観客を惹き付ける。

壮絶な運命を背負うことで、18歳という若さで小説『フランケンシュタイン』を書き上げたメアリー・シェリーの半生を描いた本作。
過酷な出来事が次々起こる中、傷ついては立ち上がり、情熱を捨てず、毅然と前を向こうとした気高いメアリー。彼女を演じきることができたのは、若くして貫禄を備えたエル・ファニングだからだといえるだろう。

怪物=聡明な18歳メアリーの謎

f:id:kappa7haruhi:20181203094748j:plain

小説『フランケンシュタイン』に登場する、死体から生まれた怪物。そのモデルが自分自身だとメアリーは言う。美しく聡明な、若い女性・メアリーが、なぜ容姿の醜い怪物に自分を投影させたのか、という謎は作本作の中で解ける。

200年もの長きにわたり、世界中で愛されてきた、ゴシックホラーの金字塔『フランケンシュタイン』は、映画、小説、演劇、アニメなど、多くのジャンルのクリエイターにインスピレーションを与え続けている。ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチといった、映画界の鬼才を含む、数知れない人々だ。

『フランケンシュタイン』の怪物に人々が魅了されるのは、その背景にメアリーの存在、そして彼女の深い哀しみを感じ取るからなのかもしれない。経験を踏まえた創作が放つエネルギーというのは、圧倒的な強さがあるのではないか。

女性の権利を撮るに値するサウジ出身の監督 

f:id:kappa7haruhi:20181203094829j:plain

本作では、19世紀の英国に、女性蔑視の傾向があり、女性たちが苦しんでいたことが明確に描かれている。そんな中、逆境に立ち向かい、毅然と生きようとするメアリーの姿は力強く、多くの人に勇気を与えるだろう。この作品を、サウジアラビア出身の監督、ハイファ・アル=マンスールが撮ったことは、非常に重要だったのではないだろうか。

ハイファ・アル=マンスール監督が、2012年に『少女は自転車にのって』という作品を撮っている。この作品は、サウジアラビアに住む活発な少女・ワジダの生き生きとした日常を描きつつ、サウジの日常に、男尊女卑が強く残っていることを伝えた。
たとえば、家系図に女の子の名前は載らない、父親は外に家庭を作る。女子は自転車に乗ってはいけない、スニーカーもダメ、男の子とも気軽に話せない……。そんな環境の中でも、自由を掴みとろうとするワジダ。そのたくましくしたたかな姿に、明るい希望を見出すことのできる作品だ。

本作でも「社会的な立場を得られない者の苦しみ」は重要なテーマ。芯に「女生の苦しみ」のリアルさが根づき、一方で、あきらめずに希望の光を見出す勇気を信じられるのは、ハイファ・アル=マンスール監督による演出の力ではないだろうか。
弱者が苦しみ、女性ゆえに認められない社会は、現在もまだ世界中に残っている。その中で存在する人々は、明るい未来を夢見ようと今日も闘っているはずだ。本作は、そんな人々への賛歌とも感じられる。

作品ニュース

宇野亞喜良描き下ろしデザイン

特別鑑賞券は、イラストレーターの巨匠・宇野亞喜良氏の描き下ろしデザインバージョン、特典に同デザインのスペシャルノートも数量限定で発売中。ロマンあふれる美しいデザイン。 

twitter.com

吉祥寺パルコでコラボキャンペーン

吉祥寺パルコのキャンペーンで『メアリーの総て』映画鑑賞券、非売品パンフレット、文庫本のプレゼント実施中。締め切りは2018年12月9日(日)。

twitter.com

オススメしたい『メアリーの総て』

f:id:kappa7haruhi:20181203095006j:plain

  •  過酷で数奇なヒロインの運命と小説「フランケンシュタイン」の深い関連
  • 若き人気女優エル・ファニングの貫禄
  • 19世紀イギリスの衣装・美術、そのアンティークな美しさ
  • サウジ出身ハイファ・アル=マンスール監督の説得力ある演出
  • 心うたれる、意外なラスト

英国の曇った空の下、母の墓にもたれかかるヒロイン・メアリー。全編にゴシックホラーのような暗さを伴った、美しい雰囲気が流れている。

賢く可憐でありながら、過酷な運命に見舞われ、傷つきながらも、わが道を探し求めるメアリーを演じるエル・ファニングの熱演に引き込まれ、勇気を得るだろう。
また、苦しいだけの物語にならなかったところに、女性や弱者の権利に高い意識を持つハイファ・アル=マンスール監督の手腕を強く感じる。 

『メアリーの総て』作品情報

 【あらすじ】

舞台は200年前、19世紀の英国。母を亡くし、父を敬愛する少女メアリーは、作家になることを夢見ている。父は再婚しており、慕ってくる義妹とは仲がいいが、継母と折り合いが悪い。そんな継母と距離を置くため、メアリーはスコットランドに住む父の友人の屋敷で暮らすことに。屋敷の読書会でメアリーは“異端の天才詩人”パーシー・シェリーと出会い、惹かれ合う。しかし、パーシーには妻子がいた。情熱に身を任せた2人は、すべてを捨てて駆け落ちをするが、不安定な生活の中、メアリーは生まれて間もない子を失い、パーシーの愛さえも確かではなくなっていく。失意の日々の中、書くことを忘れなかったメアリーの中である「怪物」が誕生する……。

監督:ハイファ・アル=マンスール(『少女は自転車にのって』)
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース、スティーブン・ディレイン、ジョアンヌ・フロガット 、ベン・ハーディ、メイジー・ウィリアムズ、ベル・パウリー、トム・スターリッジ ほか
原題:MARY SHELLEY 
配給:ギャガ
<2017年/イギリス・ルクセンブルク・アメリカ合作 //121分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/PG12>
字幕翻訳:牧野琴子

 2018年12月15日(土)シネスイッチ銀座シネマカリテほか全国順次公開

© Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

gaga.ne.jp

〔AD〕

(本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

〔AD〕

(本ページの情報は2019年8月のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

<