東京・ミニシアター生活

主に都内のミニシアターで上映される新作映画の紹介をしています。

〔AD〕動画サイトランキング

新作映画

【1/21公開】『声もなく』スリルとユーモアと哀切と…絶妙なバランスの、貧困クライムサスペンス

闇の仕事を請け負う口のきけない青年と、両親に身代金を払ってもらえない孤独な少女の交流を描いた、韓国発のサスペンスドラマ。セリフをしゃべらない主人公テインをユ・アイン(『バーニング 劇場版』)が好演。新人監督ホン・ウィジョンとタッグを組み、ス…

【1/14公開】『無聲(むせい) The Silent Forest』ろう学校で起こった性暴力事件の「驚愕の真実」を明らかにする

台湾南部のろう学校で実際に起きた、性暴力・セクシャルハラスメント事件を題材に、ろう者である少年少女たちの、あまりに苦しく切ない青春を描いたヒューマンドラマ。本国では、教育者や政治家をはじめ多くの観客が事件の深刻さを問題視し、台北の週間興行…

【1/7公開】『こんにちは、私のお母さん』中国の人気コメディエンヌが初監督! 本国でメガヒットしたタイムスリップ・コメディ

中国のコメディエンヌ、ジア・リンが、自身の母への思いを映画化。(撮影当時)39歳で高校生に扮したジア・リンから始まり、空から落ちながらタイムスリップ。「なるほど、中国流ドタバタ喜劇か」と思って油断していると、ラストには「もうやめて」級の泣き…

【12/18先行上映】『誰かの花』ある日突然「被害者遺族」の立場が揺らぎ始める親子の物語

横浜シネマ・ジャック&ベティ30周年企画として製作された作品。主演は『ケンとカズ』のカトウシンスケ、脚本・監督は本作が劇場公開2作めとなる奥田祐介(『世界を変えなかった不確かな罪』)。主人公の両親に、吉行和子と高橋長英、突然シングルマザーにな…

【12/17公開】『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』環境汚染の真実を明らかにするため闘う男の、想像を絶する受難

1998年、突然祖母の知人から訪問を受けた企業弁護士のロブ・ビロット。依頼主の農場を調べるうちに、アメリカの巨大企業・デュポン社による有害物質の流出、そして住民たちの恐るべき健康被害の実態を探り当てる。やがてこの真実は、大規模な環境汚染問題へ…

【12/3公開】『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』ワルシャワの悲劇を語り継ぐ音楽ミステリー

天才ヴァイオリニストの青年が、華々しい世界デビューを飾る日に、忽然と姿を消してしまう。それから35年後、兄弟同然に育った主人公がその行方の糸口を見つけ、イギリスからワルシャワ、ニューヨークへと彼を探す旅に出る。ホロコーストを新たな切り口で見…

【11/19公開】『茲山魚譜-チャサンオボ-』流刑の島で「海洋生物学書」を記した学者と、魚の知識をもつ青年の心の交流

1801年キリスト教徒が弾圧されていた朝鮮時代、罪人とされた天才学者が、流刑された島で、自然に魅了され、海洋生物学書を書き記そうと決意。貧しい漁師の青年と知識の交換をしながら絆を深めていく。師弟を演じるのはソル・ギョングとピョン・ヨハン。監督…

【11/6公開】『これは君の闘争だ』「学ぶ権利を自ら勝ち取れ!」ブラジルの高校生たちはなぜ学校を占拠したのか?

2015年サンパウロの高校生が、自分たちの学ぶ権利を守る抗議のために、学校を占拠を始めた。この運動はブラジル中に広がり、翌月には200 以上の学校が占拠されるまでに発展。本作はその学生運動を記録したドキュメンタリー作品だ。彼らはなぜ、学校を占拠し…

【11/3公開】『アンテベラム』時を超え新たな衝撃を呼び起こす、パラドックス・社会派スリラー

奴隷としてアメリカ南部の農園に囚われ、残酷な毎日をなんとか生きているエデン。一方で、素晴らしい家族と暮らすセレブ作家だったのに、突然全てを奪われ奈落の底へ突き落とされてしまうヴェロニカ。黒人女性である彼女たちは、なぜこんなにも理不尽な目に…

【10/30公開】『芸術家・今井次郎』知る人ぞ知るアーティストJIROXの表現したものとそれを愛する人々の記録

今井次郎って誰だろう? と思う方も多いだろう。今井次郎は別名「JIRO(ジロックス)」とも名乗っていた表現者である。2012年還暦になった年、悪性リンパ腫の治療に専念するも、惜しくも亡くなってしまった知る人ぞ知る存在だ(ちなみにウキペディアページは…

【10/29公開】『モーリタニアン 黒塗りの記録』ジョディ・フォスターとベネディクト・カンバーバッチの競演! 同時多発テロの後に作られたアメリカの闇

2001年、世界に衝撃を与えたアメリカ同時多発テロ事件。その首謀者として疑われ、不当に拘禁されたモーリタニア人男性・モハメドゥの手記を元に映画化。レジェンド、ジョディ・フォスターを主演に迎え、今を時めく俳優ベネディクト・カンバ―バッチが競演、と…

【10/1公開】『TOVE/トーベ』あまりに意外なトーベ・ヤンソンの情熱溢れる人生、ムーミン誕生の秘話

世界中で愛されている「ムーミン」の生みの親として知られるフィンランドの画家で作家のトーベ・ヤンソン。その作風には、ほのぼのした印象を持っている人も多いが、彼女自身はとても奔放で情熱的な人物だったのだ。成功を掴めず孤独に闘い、相手が男性であ…

【9/24公開】『殺人鬼から逃げる夜』 機転を武器に「聞こえない目撃者」がその夜を生き抜こうとするサスペンススリラー

街で続く連続殺人事件。サイコな犯人が次なるターゲットにしたのは「聞こえない」目撃者だった……次々と状況が変わりながらも、聴覚障がい者のヒロインが、夜の街をどこまでも走って逃げ続ける。キャストには、韓国トップ俳優が集結。弱者の立場に甘んじるこ…

【9/23公開】『MINAMATA―ミナマタ―』真実を追い、市民と共に闘ったジャーナリスト、ユージン・スミスの奇跡の写真

伝説のフォト・ジャーナリスト、ユージン・スミスが1970年代、日本の公害病・水俣病と出会い、写真集「MINAMATA」を発表するまでの濃密な日々を描く。ユージンを演じるのはジョニー・デップ。彼を日本へと導く女性・アイリーン役に美波。ほか真田広之、國村…

【9/17公開】『由宇子の天秤』真実を求め正義に突き進もうとする主人公を通し「正しさとは何か」を問う問題作

ドキュメンタリーと見紛うような緊迫感と衝撃のなか、観る者に「正義とは何か」「何が正しいのか」を問い続けながら人間の本質を浮かび上がらせる、濃厚な人間ドラマでもある、社会派サスペンス。 数年前に起きた女子高生いじめ自殺事件を追うドキュメンタリ…

【8/27公開】『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』1969年ハーレムで開催された幻の音楽フェスが蘇るドキュメンタリー

1969年夏、ニューヨーク・ハーレムで6週にわたって行われ、30万人もの観客を集めたブラック・ミュージックの革命的祭典「ハーレム・カルチュラル・フェスティバル」。50年間の封印を解かれ、迫力のステレオ・サウンドと鮮やかな映像でその記録が蘇る。 当時…

【8/13公開】『モロッコ、彼女たちの朝』カサブランカの街やモロッコの日常を肌で感じられる、シスターフッド・ストーリー

絵になる「異国の地」としてたびたびスクリーンに登場してきたカサブランカ。外国人が訪れる舞台という設定の作品が多いが、本作はモロッコ製作の作品。モロッコ製作で長編作品の上映は、本作が日本初とのこと。日本人にはあまり馴染みのないモロッコの日常…

【8/6公開】『すべてが変わった日』ダイアン・レイン&ケビン・コスナーが共演! 急展開する衝撃のサイコスリラー 

60年代のアメリカを舞台に、円熟味あふれるスター、ダイアン・レインとケビン・コスナーが共演。2人の繊細なやりとりが味わえるロードムービー風の前半が急展開、西部劇のような正義の奪還計画と、身も凍るようなサイコスリラーへとなだれ込んでいく。レスリ…

【7/9公開】『サムジンカンパニー1995』出世目前で、高卒“働き女子”は正義のために立ち上がれるのか?

1995年、韓国。大企業に勤めるも、高卒・コネなしで雑用ばかり、うんざり気味の女子社員3人。しかしグローバル化の時代に入り、英語力をつければ出世できるチャンス到来! ところが張り切った矢先、会社の環境汚染の事実に気づいてしまい……働く女性の現実問…

【6/18公開】『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』虐げられた移民の「権力への反抗」

19世紀のオーストラリアに生きた、伝説的な無法者ネッド・ケリーを描く劇映画。虐げられたアイルランド移民の家族として生まれ、理不尽な権力者たちに弄ばれ、闇に堕ちていく青年の心情に迫る、パンキッシュな迫力に満ちた"真実の物語"。ネッドケリーを演じ…

【6/4公開】『トゥルーノース』北朝鮮強制収容所の恐ろしい実態と、人間の生きる力を描くアニメ

北朝鮮に実在する政治犯強制収容所の恐るべき実態を描くアニメーション。父にかけられた容疑のせいで、ある日突然そこに収容された日系の少年と、その妹・母。地獄のような長い収容所生活でも希望を捨てず、人間らしく生きようとする彼らを通し「生きる」意…

【5/28公開】『アオラレ』車を降りても追ってくる巨漢の異常者!……狙われたシングルマザーとその息子の運命は?

交通渋滞に巻き込まれ仕事を逃したシングルマザーのドライバーが、「ある男」の運転する車にイラついてクラクションを鳴らしたことから、人生が破滅するほどの、終わりなき恐怖に巻き込まれてしまう。ラッセル・クロウの突き抜けた怪演で、とてつもないモン…

【5/14公開(休館劇場あり)】『ファーザー』認識と現実がズレていく……ミステリアスな世界に迷い込む、不思議な映像体験

アンソニー・ホプキンスが第93回アカデミー賞主演男優賞を受賞したことでも話題の、イギリス・フランス合作映画。アンソニーの娘・アンを演じるのは、映画『女王陛下のお気に入り』で第91回アカデミー賞主演女優賞を受賞したオリヴィア・コールマン。認知症…

【5/15公開】『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』“東ドイツのボブ・ディラン”と愛されながら、秘密警察に通じていた男の苦悩

東ドイツのシュタージ(秘密警察)に協力していた、伝説のシンガー・ソングライターゲアハルト・グンダーマン。その矛盾と葛藤に満ちた半生を、2つの時間軸を行き交いながら描く話題作。主演俳優が自ら歌う グンダーマンの心に沁みる楽曲を織り込み、率直ゆ…

【5/1公開】『海辺の彼女たち』実話に基づく在留外国人問題をリアルなドラマに

現在、日本では希望に胸を膨らませて日本にやってきた外国人技能実習生が、あまりにも不当な扱いを受け、職場から逃げ出すケースが多発しているという。そんな在留外国人に対する日本の問題を題材に、監督やプロデューサーが取材を重ねて、脚本を書き上げた…

【4/9公開】『街の上で』若葉竜也×今泉力哉 変わりゆく下北沢で暮らす、若者たちの“恋”と“文化”

青春エンターテイメント映画『あの頃。』が大ヒット上映中の、今泉力哉監督作品が、また新たに公開される。主演は今泉組の常連であり、現在放送中の朝ドラに出演して全国の注目を集めている、若葉⻯也。他にも古川琴音ら、ブレイクしたてでこれからますます…

【4/2公開】『僕が跳びはねる理由』驚かされる体験の連続! 自閉症の世界、その真実を知るドキュメンタリー

長年、謎に包まれていた「自閉症」という発達障害。しかしある日本人の少年によって執筆された『自閉症の僕が跳びはねる理由』という1冊の本が、自閉症の世界に革命を起こした。この本は、自閉症の人の内面に何が起こっているのか、彼らが何に悩み、どのよう…

【4/2公開】『ゾッキ』シュールな漫画を映画化、監督は竹中直人・山田孝之・齊藤工の3人、キャストも豪華でまるで宝石箱!

ミニシアター界でスマッシュヒットを放ったアニメ映画『音楽』の原作者、大橋裕之の初期作品である短編漫画集『ゾッキA』と『ゾッキB』を、3人の俳優、竹中直人・山田孝之・齊藤工が監督で実写化。吉岡里帆や松田龍平ら主役級俳優含め、多数の俳優陣が参加。…

【3/26公開】『ノマドランド』希望に満ちた高齢労働者“ノマド”たちを描くロードムービー

近年アメリカでは、家を持たずキャンピングカーで暮らし、移動しながら季節労働に従事する高齢者が増えているという。彼らを「現代のノマド(遊牧民)」と表現したノンフィクション書籍『ノマド:漂流する高齢労働者たち』を映像化したのが本作。状況は過酷…

【3/12公開】『フィールズ・グッド・マン』増殖するミーム、ヘイト主義、トランプ大統領誕生…米国を身近に感じるポリティカル・ドキュメンタリー!

自作のキャラクターを悪用されてヘイト騒動に巻き込まれてしまった、米アンダーグランド・コミック界で人気のアーティストのマット。心も名誉も傷ついた彼を救うため、一連の出来事を追って、マットの友人である監督のアーサー・ジョーンズが、ドキュメンタ…

〔AD〕

(本ページの情報は2020年6月のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

<