東京・ミニシアター生活

主に都内のミニシアターで上映される新作映画の紹介をしています。

〔AD〕

2019年

【4/19公開】『愛がなんだ』依存・執着・こじらせ愛…いつまでも片思いの5周先回りする恋

直木賞作家・角田光代による同タイトル小説を、今泉力哉監督(『サッドティー』『たまの映画』)が見事に映像化。「なんとなく始まった恋」に執着するこじらせ女子のヒロインを、岸井ゆきのがリアルかつ、愛らしく演じる。恋の相手には、旬の若手俳優・成田…

【4/5公開】『希望の灯り』ままならぬ人生が輝きを放つとき…素朴で風変わりな仲間と働く穏やかな日々

旧東ドイツ出身、文壇の異端児クレメンス・マイヤーの短編を映像化。巨大スーパーで働く人々を通し、どんな人生にも輝く瞬間があることを教えてくれるヒューマンドラマだ。切なく美しい映像と、じわじわと温もり押し寄せる繊細な演出と機微な表現に、心震わ…

【3/23公開】『天然☆生活』かわいい中年男たちの田園暮らしから、衝撃の展開へ!

『トータスの旅』の永山正史監督による、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ次回作支援作品。出演者はクセモノぞろいで、主演は役の大小にこだわらず数多くの映画作品に出演し、レジェンドになりつつある川瀬陽太。その主人公を脅かす存在に、…

【3/9公開】『たちあがる女』アイスランドの自然と音楽を愛し、弓を片手に戦うミステリアスなヒロイン

たっぷりな皮肉とユーモアに愛嬌を盛り込んだ作風で、アキ・カウリスマキやロイ・アンダーソンに続く北欧の才能として注目を浴びる、ベネディクト・エルリングソン監督。その最新作はコメディードラマであり、音楽と自然に彩られた、強さと優しさについての…

【3/1公開】『岬の兄妹』障碍、貧困、犯罪…禁断のテーマの奥から、たくましい生命力がほとばしる意欲作!

貧困、障碍(しょうがい)、性、犯罪、暴力と衝撃的な要素をてんこ盛りにした話題作。「一切の妥協なし」という片山慎三監督の言葉通りではあるが、いや、むしろそれ以上…鬼のような不動の覚悟だ。どうしようもないやるせなさを、生きることへの執着に昇華す…

【3/1公開】『天国でまた会おう』美しくユーモラス、かつ痛みを伴う寓話!仮面の青年と運命を共にした友情の日々

第一次世界大戦直後のフランスを舞台に、めくるめく魔術のような美しい映像と、先の読めないストーリーで心を掴まれる、5部門のセザール賞を受賞した話題作! 戦争のおろかさ、父と息子の確執、年の差を超えた友情など、普遍的なテーマを描きつつ、観たこと…

【2/22公開】『ビール・ストリートの恋人たち』気高く生きる恋人たちは、過酷な運命を乗り越えられるのか?

『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督が再び、美しくも切ない作品を撮り上げた。運命の絆で結ばれた、若く気高い恋人たち。強い意志のもと、2人が家族とともに悲劇を乗り越えようと闘う姿を描く。米アカデミー賞®受賞への期待も高まる、珠玉の名作だ…

【イベントレポート】「第92回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」主演賞サクラ&佑夫婦が受賞!新人賞『菊とギロチン』W受賞!

2019年2月10日、文京シビックホールにて「2018年第92回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」が開催されました。安藤サクラ、柄本佑の夫婦の主演賞W受賞ほか、是枝裕和監督『万引き家族』、そして瀬々敬久監督『菊とギロチン』から多数受賞など話題性たっぷりの授…

【2/15公開】『盆唄』福島伝統の唄をハワイに託す?! 日本人移民の歴史も紐解く楽士たちの旅

福島県・双葉町に伝わる「盆唄」の存続問題から始まるドキュメンタリー。ハワイの日系人による”ボンダンス”の幻想的な夜、アニメーションで観る福島へ移住した先祖のストーリー、再生する盆唄。見どころ・聞きどころと希望がいっぱいの、時を越える盆踊りム…

【2/8公開】『ちいさな独裁者』敗戦直前のドイツで起きた恐怖の殺戮パワハラ騒動…軍服が若き脱走兵のすべてを変える

偶然見つけたナチス将校の軍服と尊大な態度で周囲を欺き、恐怖政治をエスカレートさせていく若き脱走兵の、狂気の進撃を描く。実在の人物・事件に基づいた驚愕の物語。「2017年サンセバスチャン国際映画祭」撮影賞受賞、「ドイツ映画賞2018」音響賞受賞・作…

【1/12公開】『ひかりの歌』短歌と映画のコラボ、みずみずしい4話長編オムニバスドラマ

五・七・五・七・七の三十一音が基本の短歌。本作はこの短歌を原作としている、4話の長編オムニバス作品だ。原作となった短歌は「光」をテーマとしていて、本作への映像化を前提とした短歌コンテストが行われ、その中から選出された4首。もともと良き短歌と…

【1/5公開】『迫り来る嵐』 連続猟奇殺人事件を追う男の運命は? 香港返還時代が舞台のリピート必至のミステリー!

東京国際映画祭、アジア・フィルム・アワードなどで、数々の映画賞を受賞。初の長編作品にして「非常に良くできている」と多くの映画人をうならせた。クライムムービーだが、観客は通常の作品とは一線を画す、意外な後味を味わうこととなる。香港返還直前の…

〔AD〕

(本ページの情報は2019年2月のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)

<